Photo by Ujin MATSUO

press to zoom

Photo by Ujin MATSUO

press to zoom

Screenshot from the video. Shot by Erica MASUYA, Yuu ISOGAWA

press to zoom

Photo by Ujin MATSUO

press to zoom
1/11

湯宿の声 / ことばスケッチ

2019

舞踊譜的ドローイング、 映像9分24秒、公演 15分

群馬青年ビエンナーレ2019 入選作品

2019.3.22(金),23(土),24(日) 全6回公演 各回 15 分 

click to enlarge

「音」としてのことばの魅力をダンスによって表す。2015 年、群馬県みなかみ町湯宿温泉を訪れた。事の始まりは現地に住む高齢者のおじいさん、おばあさんの家を訪ねたことだった。

彼らは私を家に迎えるときに「あがらっさい!」と言う。その会話は方言混じりで、私は頭の中に所々穴が空いているような感覚を覚えた。私の頭には理解と不理解が混在していた。この体験は私に「違う土地にいる」という実感を与え、方言がことばとしての意味を失い、ただの「音」に聞こえることを発見した。そして、方言の響きの親しみやすさに、独りで他人の家に上がることへの不安が和らいだ。方言には土地性と安らぎを感じさせる魅力がある。 ことばは身体を通して、発話され、聞かれ、見られ、身振りされる。それらの身体運動は私にとってダンスそのものだ。本作は舞踊譜ドローイング、映像、実際の公演に展開している。