1/8

湯宿の声/ことばスケッチ
舞踊譜的ドローイング

2019

​紙に鉛筆

click to enlarge

みなかみ町で見つけた方言の単語の音から、想起するイメージを振り付ける。私は単なる譜面や記録と区別するために、舞踊譜的ドローイングと名付けた。一般的に舞踊譜は記述された動きが再現可能であることが条件だ。

代わってドローイングに再現という役割はなく、ダンスと同様に一回性の側面が強いと考える。

私にとってダンスを描くことは、そのダンスの原点であるイメージや情動、感覚の手応えを発見し、記憶することだ。